全日本軟式野球連盟徳島県支部




  徳島県軟式野球連盟規約



                                           徳島県軟式野球連盟
            第 1 章  名称および事務局

第 1 条 本連盟は、徳島県軟式野球連盟と称する。
第 2 条 本連盟には事務局を設置する。

            第 2 章  目的および事業

第 3 条 本連盟はアマチュアスポーツとしての正しい軟式野球を県民全般に普及し、その健全な発展と会員相互の
 親睦を計るを目的とする。
第 4 条 本連盟は前条の目的を達成するため次の事業を行う。
  1、全国的な野球大会の主催および後援と県予選
  2、地方的な野球大会の主催および後援と県予選
  3、軟式野球の普及発展に関する指導研究
  4、軟式野球の技術向上に関する指導研究
  5、軟式野球施設の拡充に関する事項
  6、其の他本連盟の目的達成に必要な事項

            第 3 章  会   員

第 5 条 本連盟の会員は正会員と名誉会員とする。
第 6 条 正会員は社会人チームとし、次の条件を具備しなければならない。
 社会人チームは職業野球技術者および学生生徒(夜学生であって昼間一定の職業に従事する者を除く)を除く者を
 もって編成し、次のいずれかの1つに該当するものをいう。
 (イ)職域チーム。官公庁、銀行、会社、商店、工場等で同一職場に勤務する者のみによって編成するチーム。
 (ロ)地域チーム。各支部の地域内に居住または、勤務を有する者のみによって編成するチーム(「支部」は各市郡
    町支部をいう。)但し支部の事情によって、前期の範囲を越えない程度で制度規定をおく事は差支えない。
第 7 条 正会員としてのチームは、監督および主将を含めて20名以内の男子の競技者によって編成しなければな
 らない。
 なお、総監督、助監督、主将、コーチ、マネージャーを登録しようとするチームは、各1名以内20名の範囲内で
 登録することができる。
第 8 条 本連盟の目的ならびに事業を賛助する者をもって名誉会員とする。

            第 4 章  組   識

第 9 条 本連盟は市及郡町を単位として支部を設ける事が出来る。(但し支部結成が不能な場合は最寄りの支部に
 所属する。)
第10 条 各支部は当該地域内の会員をもって組織する。
第11 条 各支部はこの規約に準拠し、別に定める支部規約制定規定に基き支部規約を定めなければならない。

            第 5 章  加盟および脱退

第12条 正会員となるチームは連盟の定める登録申込書(2通)および会費を連盟に提出する。連盟はその資格を
 審査しなければならない。
第13条  第8条の規定により名誉会員として加盟する者は連盟の定める申込書を連盟に提出する。
第14条 前2条の申込書を受理した連盟は直ちに全員名簿に登録手続を行わなければならない。登録手続の完了と
 ともに申込者は本連盟会員の資格を取得する。
第15条 会員はその登録事項に異動を生じたときは連盟にその旨届出なければならない。
第16条 会員の登録は毎年2月上旬より開始する。
第17条 会員は前条に定める外、下記の事項の1つに該当するときはその資格を失う。
  1、第6条に定める条件を具備しなくて連盟が不適格と認めたとき。
  2、自ら脱退の意志を表明したとき。
  3、除名の処置をとられたとき。

            第 6 章  役   員

第18条 本連盟に下記の役員を置く
  1、名 誉 会 長  1 名 
  1、会     長  1 名
  1、副  会  長   若干名
  1、顧     問  若干名
  1、参     与  若干名
  1、理  事  長  1 名
  1、副 理 事 長  若干名
  1、常 任 理 事  若干名
  1、理     事  若干名
  1、監     事  2 名
第19条 会長および副会長は理事会で推挙する。会長は本連盟を代表する。副会長は会長を補佐し会長が事故ある
 ときはその職務を代行する。
第20条 顧問および参与は理事会の決定により理事長が委嘱する。
第21条 理事は理事会において選出する。理事は理事会を構成し次の事項を決議する。
  1、予算並びに決算審議
  2、役員の選出
  3、連盟規約の改正
  4、その他 重要なる事項
第22条 理事は互選に依り、理事長1名、常任理事若干名を選出する。
第23条 理事長は理事会を代表し会務を執行する。
 理事会は会長・副会長に事故あるときその職務を代行する。理事長は緊急を要する事項で理事会にはかる暇がない
 ときは、これを執行する事ができる。この場合には次の理事会の承認を得ることを要する。常任理事は理事長を補
 佐する。常任理事は常任理事会を構成し、連盟の運営に当り重要事項について議決する。
第24条 監事は理事会において選出する。年2回会計を監査する。理事であって監事に選出されたものは理事の資
 格を保有する。
第25条 役員の任期は2年とし、毎年12月末日までとし年度当初に招集する。理事会で改選する。但し再任を妨
 げない。役員の任期が満了しても後任者が就任するまでその職務を行う。

            第 7 章  会   議

第26条 本連盟の会議は理事会および常任理事会とする。
第27条 理事会は毎年定期的に年初に理事長が招集する。臨時理事会は必要に応じ理事長が招集する。但し理事よ
 りの開催請求があった場合常任理事会の決定により招集し理事の半数以上の出席により開会する。
第28条 理事会は、理事の半数以上出席しなければ開会することができない。理事会は議長を選出して出席理事の
 過半数にて決議する。可否同数の場合議長が決する。
第29条 常任理事会は毎年1回定期に理事長が招集する。但し理事長が必要に応じ招集することが出来る。
第30条 常任理事会は常任理事の過半数の出席により、開会する。常任理事会の議長は互選により選出し、出席者
 の過半数により議決する。可否同数の場合は議長が決する。

            第 8 章  会   計

第31条 会員は連盟の定める会費に納入する。
第32条 連盟は前条の会費中より別に定める金額を本部に納付する。
第33条 本連盟の経費は次に掲げるもので支弁する。
  1、会費  1、事業収入  1、寄附金  1、その他の収入
第34条 本連盟の会計年度は毎年1月1日に始まり同年12月31日に終る。
第35条 会計年度の終りに剰余金があるときは翌年度に繰越する。
第36条 理事長は毎会計年度歳入出予算を編成し決算書および証書類を監事に対し、理事会の承認の決議を得なけ
 ればならない。
            第 9 章  部会、部局、専門委員会

第37条 本連盟の事業を遂行するため理事会が特に必要とするときは、部会、部局、各種の専門委員会を置くこと
 ができる。
第38条 部会、部局、専門委員会に関する規程は理事会が別に定める。

            第 10 章  事 務 局

第39条 本連盟の事務を処理するため事務局を置く。
第40条 事務局職員は理事長が任免する。事務局長は理事会の命を受け事務を処理する。

            第11章       規   律

第41条 正会員なるチームはその構成員として他のチームに加入は出来ない。
第42条 正会員たるチームおよびその構成員は本連盟および本部主催、後援または公認の野球大会でなければ出場
 することはできない。
第43条 正会員たるチームおよびその構成員は本規約ならびに附属規程に違反することはできない。
第44条 正会員たるチームおよびその構成員が前3条に違反したときは、役員会において除名或いは大会の出場停
 止その他の処分をすることができる。

            第12章       規約の変更

第45条 本連盟の規約は理事会において出席者の過半数以上の同意を得て変更することができる。
第46条 本規約の施行について必要な事項の細目は理事会が別に定める。

            附 属 規 程

    支部規約制定に関する規定
第 1 条 規約第11条に基き本規程を設ける。
第 2 条 各支部は支部規約制定に際しては本連盟規約下記の条項については、その内容を変更することなく取り入
 れなければならない。
  1、目的に関する条項  第3条
  1、会員に関する条項  第5条、第6条、第7条、第8条
  1、加盟脱退に関する条項  第12条、第13条、第14条、第15条、第16条、第17条
  1、規律に関する条項  第41条、第42条、第43条、第44条
昭和57年3月1日 旧規約を全面本連盟規約に改正制定する。