最新情報
   
 ☆ 高松宮賜杯第62回全日本軟式野球大会県予選最終日は、4月11日鳴門オロ
   ナミンC球場で、準決勝と決勝戦が行われ、富田製薬株式会社が初優勝を飾っ
   た。
   富田製薬の矢野投手がノーヒットノーランを記録した。
   
  △ 決勝戦   試合時間1時間40分
     富田製薬
      020000100   3
      000000000   0
     徳島バス
    
      富)矢野-小林   徳)日下-近藤
      2塁打=上原(富)
 
 ☆ 高円宮賜杯第38回全日本学童軟式野球大会マクドナルド・トーナメント徳島
   県大会は、3月30日午前10時からJAバンク徳島スタジアムで決勝戦が行わ
   れ羽ノ浦パピヨンが15年ぶり4度目の優勝を飾った。 
   羽ノ浦は3回表、先頭の渡邊が四球で出塁、犠打と内野ゴロで2死3塁のチャ
   ンスに2番森脇の左翼超え2塁打で先制、続く森山・長尾の連続安打と敵失な
   どでこの回一挙3点を挙げ試合の主導権を握った。5回も先頭の森脇が左中間
   へこの日2本目の2塁打を放ち森山・長尾・児島の長短3連打で3点を追加し
   試合を決めた。投げては佐坂・川原の継投で強打の見能林を2安打完封し優勝
   に花を添えた。両チームとも走攻守に鍛えられ元気溢れるプレーで決勝戦に勝
   ち上がった。
   見能林は、2回裏左翼超え2塁打の杉本を犠打で送り1死3塁の先制チャンス
   をエンドラン失敗で逃し、攻撃のリズムが最後まで掴めなかった。
   今大会は、投球数制限(70球)が始まり混乱も予想されたが、各チーム指導者
   は複数の投手を擁立し試合を進め大きな混乱もなく大会を終えることができた。
   
                       徳島県軟式野球連盟  十川佳久
   
  △高円宮賜杯決勝戦 JAバンク徳島スタジアム 試合時間1時間30分
   羽ノ浦パピヨン
    0030300   6
    0000000   0
   見能林スポーツ少年団
    (羽)佐坂、川原—長尾、佐坂   (見)伊吹、久米―久米、伊吹
     (60球)、(34球)       (71球)(54球)
     3塁打=児島(羽)
     2塁打=杉本遥(見)、森脇2(羽)
 
  本記事の記載に付きましては、徳島新聞社様のご協力を頂いております。